格安SIMとはなに?

格安SIMとはSIMカードのみ販売しているもので、SIMカードとは携帯電話やスマートフォンなどに挿入する契約者認識カードのことです。小さなICチップとなっており、それを携帯電話やスマートフォンに差し込むことによって各携帯電話会社の通話や通信の回線を使用することができるものです。

SIMカードは本来は携帯電話会社ことに区切られていたもので、SIMフリーが登場するまでは他社の携帯電話に差し込んでも認識されることはありませんでした。
このような状態をSIMロックといいますが、現在ではSIMロックが解除されたSIMフリーとなっています。
SIMフリーになることで登場したのが格安SIMです。

格安SIMの仕組みとしては各携帯電話会社から通話や通信の割当を買い取り、それを小分けにして販売するというものです。

中身はどこかの携帯電話会社の回線を利用することになりますが、携帯電話会社と直接契約するよりも格安で利用が可能です。



ただ一種の通話や通信を売り切りで販売しているため、例えば通信容量が一杯になると自動的に通信容量が増えるといったことはできません。

つまり、通信容量を予め買い取ることによって格安で販売されているものです。

また格安SIMとスマートフォンをセットにして販売する格安スマホも格安SIMが使われています。

メリットは費用を抑えることができることで原則使い切りですからわかりやすい料金体系です。

反面でデメリットとしては音声通話に対応していないことや、携帯電話会社が提供するキャリア関連のサービス、データ通信の制限といったものがあります。



このため携帯電話会社と契約するよりもサービス面で劣りますが、そもそもサービスを利用しない人にとってはほとんどデメリットになりません。