格安SIMについて理解しよう

大手キャリアが持っている通信設備を借りて利用者に対して提供されているのが格安SIMです。


SIMとは正式にはSIMカードの事を言い、その回線を利用する加入者を特定する固有番号等が記録されているカードの事です。

これを利用する事で、携帯電話やスマートフォンで通信を行う事が出来ます。

格安SIM自体は大手キャリアがもつ設備をレンタルしている状態なので、通信設備を一から作ったり、それを自分たちで維持管理する費用が必要ありません。

大手キャリアに対してレンタル料を払うだけで済むため、通信料や他の料金を安く設定する事が出来ます。



その為、大手キャリアに比べてSIMを安く利用できる事から、格安SIMと呼ばれます。また、大手キャリアに比べると利用料金が安くて済むだけでなく、豊富なプランが用意されているので、自分にあったプランを選びやすいメリットがあるのです。さらに最低利用期間も6か月から12か月と短めに設定されているので、大手キャリアを利用した時の様に2年縛りが無い点等も高く評価されるポイントとなっています。
また、格安だからと言ってその通信可能エリアが狭まってしまう等の事は有りません。



通信設備を持つ大手キャリアの持っているインフラを利用しているので、大手キャリアと同じ通信可能エリアとなっているからです。


従って、大手キャリアで契約していた時に通信出来た地域であれば格安SIMにしたとしても同じ様に通信は可能です。